お薬マート > 医薬品・サプリメント > 避妊薬(ピル) > 低用量ピル > フェミロン(FEMILON)

フェミロン(FEMILON)

FEMILON0.17

フェミロン(FEMILON)

医薬品名 (定価) 販売価格
在庫状態 数量 単位 送料別
フェミロン(FEMILON) 21錠 (¥4,500) ¥3,600
入荷待ち 21錠 入荷待ち
フェミロン(FEMILON) 63錠 (¥13,500) ¥8,600
入荷待ち 63錠 入荷待ち
【送料無料】フェミロン(FEMILON) 105錠 (¥22,500) ¥13,700
入荷待ち 105錠 入荷待ち

フェミロン(FEMILON)|商品詳細・特徴(効果・効能)

  • 商品名 :フェミロン
  • 英語名 :FEMILON
  • 内容量 :21錠
  • 有効成分:エチニルエストラジオール,デソゲストレル
  • メーカー:オルガノン

効果・効能:ピル・避妊薬・経口避妊薬・低用量ピル・生理痛・月経困難症

フェミロンは低用量ピルのジェネリック医薬品で、オルガノン社が製造しています。

避妊薬としての効果はもちろんのこと、生理不順や生理痛の緩和や生理前のホルモンバランスの崩れによって引き起こされる生理前症候群の緩和などの効果もあります。

処方薬としてよく使われるマーベロンのジェネリック医薬品で、小柄な日本人向けの特徴を持つ薬です。

フェミロンの特徴としては、他の低用量ピルと比べてホルモン含有量が少ないという点です。

ホルモンの配合量が少ないため体への負担も軽く済む他、ピルで起こるような副作用もほとんどありません。

体重が増加することもあるピルと比べると、体重増加の報告例は少なく殆ど影響がないことも特徴の一つと言えます。

フェミロン(FEMILON)|使用方法・服用方法・飲み方

月経の開始初日から毎日1錠服用してください。

フェミロンの避妊効果を高めるためには、なるべく毎日同じ時間に服用することが効果的だと言われています。

月経開始日から連続で21日間服用後、7日間は薬を飲まずに過ごします。

28日で1周期と捉えて、服用しそのサイクルを繰り返して服用を続けます。

フェミロン(FEMILON)|副作用・注意点

副作用は殆どないとされていますが、乳癌の既住歴がある方や子宮筋腫を患った方、喫煙者は注意が必要ですので一度かかりつけの医師と相談してください。

フェミロン(FEMILON)の関連医薬品

お客様のレビュー(口コミ・ご意見)

コメントはまだありません

No comments yet.

この商品のレビューを投稿する

メールアドレスは公開されません。いたずら防止のため承認制を取らせて頂いております。

内容をご確認の上、「レビューを送信する」ボタンから送信下さいませ。