お薬マート > 医薬品・サプリメント > 避妊薬(ピル) > 低用量ピル > ジネット35(GINETTE35)

ジネット35(GINETTE35)

GINETTE35

ジネット35(GINETTE35)

医薬品名 (定価) 販売価格
在庫状態 数量 単位 送料別
ジネット35(GINETTE35) 21錠 (¥5,000) ¥3,500
在庫有り 21錠
ジネット35(GINETTE35) 63錠 (¥15,000) ¥8,400
在庫有り 63錠
【送料無料】ジネット35(GINETTE35) 105錠 (¥25,000) ¥13,500
在庫有り 105錠

ジネット35(GINETTE35)|商品詳細・特徴(効果・効能)

  • 商品名 :ジネット35
  • 英語名 :GINETTE35
  • 内容量 :21錠
  • 有効成分:酢酸シプロテロン,エチニルエストラジオール
  • メーカー:シプラ

効果・効能:ピル・避妊薬・経口避妊薬・低用量ピル・生理痛・月経困難症

ジネット35は、欧米人に比べ体格の小さいアジア人に合わせて作られた低用量避妊ピルです。

ダイアン35と同成分のジェネリック医薬品のため、お求めやすい価格になっています。

有効成分の一つである酢酸シプロテロン(黄体ホルモン)はアンドロゲン(男性ホルモン)の働きを抑制し、もう一つの有効成分、エチニルエストラジオールは女性ホルモン(合成卵胞ホルモン)の一種です。

これらの成分によって、正しく服用している間は、妊娠している状態を擬似的に作り出し、排卵が起こらなくなり、卵子の着床を妨げます。

また、ホルモンのバランスを整えることにより、生理期間を短くする、経血量を少なくする、PMSの症状を緩和するなどの効果も報告されています。

加えて、ニキビ、脂漏症、多毛症(ムダ毛)、男性型脱毛等、更年期障害、バストアップ、アンチエイジングなどに効果があります。

男性ホルモンの活動を阻害し、女性における男性化の兆候であるこれらの症状を改善します。

ジネット35(GINETTE35)|使用方法・服用方法・飲み方

ジネット35は、有効成分を含む21錠を服用し、その後7日間は、何も服用しない(この服用を止めている期間に生理が来る)というサイクルを続けます。

基本的に毎日同じ時間に、1日1錠ずつ服用し、生理初日の曜日と、シートに表示された曜日の合うものから飲み始めて、翌日以降も曜日通り服用します。

全て飲み終えたら7日後、生理が続いていても、次のシートの服用を始めます。

ジネット35(GINETTE35)|副作用・注意点

避妊手術、子宮除去を行なった人・乳がん・子宮がん・子宮筋腫・心臓疾患のある人は使用しないで下さい。

40歳以上、また喫煙者は、血栓症など重度の副作用の可能性が高くなります。

ジネット35(GINETTE35)の関連医薬品

お客様のレビュー(口コミ・ご意見)

コメントはまだありません

No comments yet.

この商品のレビューを投稿する

メールアドレスは公開されません。いたずら防止のため承認制を取らせて頂いております。

内容をご確認の上、「レビューを送信する」ボタンから送信下さいませ。