お薬マート > 医薬品・サプリメント > 避妊薬(ピル) > アフターピル > アイピル(I-PILL)1.5mg

アイピル(I-PILL)1.5mg

I-PILL1.5

アイピル(I-PILL)1.5mg

医薬品名 (定価) 販売価格
在庫状態 数量 単位 送料別
アイピル(I-PILL)1.5mg 1錠 (¥3,800) ¥2,000
在庫有り 1錠
アイピル(I-PILL)1.5mg 3錠 (¥11,400) ¥3,600
在庫有り 3錠
アイピル(I-PILL)1.5mg 5錠 (¥19,000) ¥5,600
在庫有り 5錠

アイピル(I-PILL)|商品詳細・特徴(効果・効能)

  • 商品名 :アイピル
  • 英語名 :I-PILL
  • 内容量 :1錠
  • 有効成分:レボノルゲストレル
  • メーカー:シプラ

効果・効能:アフターピル・ピル・避妊薬・緊急避妊薬・事後避妊薬・中絶

アイピルとは性行為後に妊娠を防ぐために服用する緊急避妊薬で、インドのシプラ社が開発しました。

性行為後24時間以内の服用で95%、72時間以内で75%の確率で避妊できることが臨床実験で証明されています。

コンドームの不着用や破損など、妊娠の可能性がある場合に服用することで妊娠を予防することができます。

アイピルの主成分はレボノルゲストレルは、排卵周期を遅らせる、排卵された卵子の受精を防ぐ、受精卵の着床を防ぐ効果があります。

通常のピルは毎日同じ時間に服用しなければならず、飲み忘れによる避妊失敗がありますが、アイピルは性行為後に飲むだけで避妊を成功させることができるので煩わしさがありません。

アイピル(I-PILL)|使用方法・服用方法・飲み方

アイピルは性行為後72時間以内に1錠を服用します。

72時間以内であれば7割以上、24時間以内であれば9割以上の確率で避妊することができます。

アイピル(I-PILL)|副作用・注意点

服用後は吐き気や下腹部の痛み、頭痛、めまい、胸部の違和感、倦怠感などの副作用が起こることがありますが、通常1日から2日ほどで治まります。

吐き気を防ぐためには空腹を避け、食後に服用するとよいでしょう。

妊娠中や妊娠の可能性がある方、血栓症などの持病、アレルギーのある方は医師に相談してから服用しましょう。

アイピル(I-PILL)1.5mgの関連医薬品

お客様のレビュー(口コミ・ご意見)

コメントはまだありません

No comments yet.

この商品のレビューを投稿する

メールアドレスは公開されません。いたずら防止のため承認制を取らせて頂いております。

内容をご確認の上、「レビューを送信する」ボタンから送信下さいませ。