お薬マート > 医薬品・サプリメント > ED治療薬 > バイアグラジェネリック > ペネグラ(PENEGRA)25mg/50mg/100/mg

ペネグラ(PENEGRA)25mg/50mg/100/mg

PENEGRA25

ペネグラ(PENEGRA)25mg/50mg/100/mg

医薬品名 (定価) 販売価格
在庫状態 数量 単位 送料別
ペネグラ(PENEGRA)50mg 4錠 (¥4,500) ¥2,800
在庫有り 4錠
ペネグラ(PENEGRA)50mg 12錠 (¥13,500) ¥6,200
在庫有り 12錠
ペネグラ(PENEGRA)50mg 20錠 (¥22,500) ¥9,800
在庫有り 20錠
ペネグラ(PENEGRA)25mg 4錠 (¥4,000) ¥2,800
入荷待ち 4錠 入荷待ち
ペネグラ(PENEGRA)25mg 12錠 (¥12,000) ¥5,900
入荷待ち 12錠 入荷待ち
ペネグラ(PENEGRA)25mg 20錠 (¥20,000) ¥9,400
入荷待ち 20錠 入荷待ち
ペネグラ(PENEGRA)100mg 4錠 (¥5,000) ¥2,900
在庫有り 4錠
ペネグラ(PENEGRA)100mg 12錠 (¥15,000) ¥6,400
在庫有り 12錠
【送料無料】ペネグラ(PENEGRA)100mg 20錠 (¥25,000) ¥10,300
在庫有り 20錠
有効成分 クエン酸シルデナフィル
効果・効能 男性性機能障害・勃起不全・ED症状・早漏・遅漏・セックスレス・勃起障害・性欲低下・勃たない・精力向上
内容量 4錠
飲み方 ◆100mgの場合、1日1回1錠
または1/2錠(50mgとして)
◆50mgの場合、1日1回1錠
◆25mgの場合、1日1回1錠
または2錠(50mgとして)
副作用 軽度の副作用:火照り、頭痛、動機
重度の副作用:胸痛、眩暈(めまい)
製薬会社 ザイダスキャディラ(zydus cadila Ltd)
製薬会社の説明書 先発薬バイアグラの説明書

ペネグラ(PENEGRA)の特徴

ペネグラはザイダスキャディラから製造販売されているバイアグラのジェネリック医薬品です。

先発医薬品であるバイアグラで得られる効果を半分以下の費用で手に入れることが出来るのがペネグラです。

ペネグラの剤形はピンク色で、ひし形の錠剤タイプとなります。

ペネグラ

ペネグラは経口投与の錠剤タイプですが、それ以外にも剤形の違うED治療薬が販売されています。

新薬より安い価格で購入可能なED治療薬

ペネグラは新薬であるバイアグラよりも安い価格で購入可能なED治療薬です。

ジェネリック医薬品なので、購入する時の価格も安く、バイアグラと同じ効果を得ることが出来ます。

安いだけでなく、効果もしっかり発揮してくれるため、多くの人に利用されています。

ED治療薬を使用するうえで、安く、しっかりと効いてくれる薬をお探しの方にオススメです。

ペネグラ(PENEGRA)の効果・効能

ペネグラは、バイアグラのジェネリック医薬品で、ED治療や早漏改善薬として処方されている治療薬です。

この薬は、インドのZydus Cadila社によってつくられていて、ジェネリック医薬品として、バイアグラよりも安い価格になっています。

この薬の主成分のクエン酸シルデナフィルは、男性器の海綿体への血流の増加を促す作用があり、性的刺激により、勃起しやすくします。

男性器の血管の拡張や血流増加に役立つ環状グアノシンーリン酸を分解する、5型ホスホジエステラーゼと言う酵素をクエン酸シルデナフィルが強制的に阻害する事で、勃起を持続させて、性行為を続ける事を可能にしています。

シルデナフィルを服用するだけでは、勃起は起こらず、性的刺激があって、はじめて勃起が起こるようになります。

ペネグラ(PENEGRA)の成分作用

勃起不全の方はPDE5(ホスホジエステラーゼ5)が多いため、勃起を継続することが出来ません。

有効成分シルデナフィルはcGMP(環状グアノシン一リン酸)を分解するPDE5(ホスホジエステラーゼ5)という酵素タンパク質の働きを止めるので、cGMPの量が増加し、血管拡張作用と血流増加させることで、勃起不全を改善することが出来ます。

シルデナフィルはもともと循環器系薬剤として研究開発が行われていましたが、実験の際に性機能に対して効果があることが判明し循環器系薬剤から性機能改善薬として開発された医薬品がペネグラの先発医薬品であるバイアグラになります。

ペネグラ(PENEGRA)の服用方法・飲み方

服用は1日1回1錠限りで、次の服用までは24時間の間隔が必要になります。

ペネグラは、普通は、性行為をする1時間前に服用します。

空腹時に服用すると効果が最大限に発揮できます。

食後であれば、1時間以上空けてから服用してください。

基本的にお水と一緒に1錠を服用しますが、アルコール等と一緒に服用すると効果がとても強く現れたり、酔いやすくなるので注意が必要です。

1回の用量 ◆100mgの場合、1日1回1錠
または1/2錠(50mgとして)
◆50mgの場合、1日1回1錠
◆25mgの場合、1日1回1錠
または2錠(50mgとして)
服用上限 1日1回まで
服用間隔 次の服用までに24時間以上あけること
タイミング 性行為の30分から1時間前

効果の現われ方によっては、錠剤の量ををカッターなどで調節してください。

ペネグラ(PENEGRA)の副作用

軽度の副作用:火照り、頭痛、動機

重度の副作用:胸痛、眩暈(めまい)

副作用としては、消化不良、顔のほてり、血圧低下によるめまい、血管の拡張作用による頭痛、皮膚の発疹などのアレルギー症状、動悸などがあります。

何錠も服用したからと言って効果を何倍にも感じることが出来るものではありませんので、正しい用量と用法を守るようにしてください。

暴飲暴食をした後に服用すると効果が弱まってしまう可能性があります。

ペネグラ(PENEGRA)の注意点

・服用間隔は24時間以上空けること

・効果の持続時間は服用後から4~5時間程度

・脂質の多い食事やアルコールの影響を受けやすいので避けてください。

・勝手に勃起する薬ではなく、性的刺激を受けることで勃起するものとなります。

・空腹時の服用で効果を発揮できる医薬品です。

・服用の際にグレープフルーツを摂取すると、効果や副作用が強く出てしまう可能性があります。

ペネグラ(PENEGRA)の併用禁忌・注意

<併用禁忌薬>

併用禁忌薬はペネグラと併用することに対して注意が必要になります。

アミオダロン塩酸塩、硝酸イソソルビド、ニトログリセリン、慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治療薬、亜硝酸アルミ、リオシグアト、血管拡張剤などを服用中の方の使用はお控えください。

使用を検討されている方は、病院にて専門の医師とご相談ください。

<併用注意>

下記の内容に当てはまる方の服用は避けてください。

・ペネグラの有効成分シルデナフィルに対して過敏症の既往歴がある

・重度の肝機能障害

・心血管系障害

・脳梗塞・脳出血や心筋梗塞の既往歴がある

・網膜色質変性症

・グレープフルーツの摂取

ペネグラ(PENEGRA)25mg/50mg/100/mgの関連医薬品

お客様のレビュー(口コミ・ご意見)

1件のコメント
  1. ペネグラを使うようになってからは途中で中折れすることも無くなって、安定して行為を行えるようになったので彼女を満足させることが出来るようになりました。

    まさひこ 2019年7月2日

この商品のレビューを投稿する

メールアドレスは公開されません。いたずら防止のため承認制を取らせて頂いております。

内容をご確認の上、「レビューを送信する」ボタンから送信下さいませ。