お薬マート > 医薬品・サプリメント > ED治療薬 > シアリスジェネリック > タダソフト(TADASOFT)20mg

タダソフト(TADASOFT)20mg

TADASOFT-20mg-10Tab

タダソフト(TADASOFT)20mg

医薬品名 (定価) 販売価格
在庫状態 数量 単位 送料別
タダソフト(TADASOFT)20mg 10錠 (¥3,000) ¥2,300
在庫有り 10錠
タダソフト(TADASOFT)20mg 30錠 (¥9,000) ¥4,400
在庫有り 30錠
タダソフト(TADASOFT)20mg 50錠 (¥15,000) ¥7,100
在庫有り 50錠
【送料無料】タダソフト(TADASOFT)20mg 100錠 (¥30,000) ¥11,600
在庫有り 100錠
有効成分 タダラフィル
効果・効能 男性性機能障害・勃起不全・ED症状・早漏・遅漏・セックスレス・勃起障害・性欲低下・勃たない・精力向上
内容量 10錠
飲み方 ◆20mgの場合
1錠(20mg)
または1日1回1/2錠(10mg)
副作用 軽度の副作用:火照り、頭痛、動機
重度の副作用:胸痛、眩暈(めまい)
製薬会社 サンライズ(Sunrise)
製薬会社の説明書 先発薬シアリスの説明書

タダソフト(TADASOFT)の特徴

タダソフトはサンライズから製造販売されているED症状の改善に使用される医薬品です。

ED治療薬の中でも、3番目に生まれたのがシアリスのジェネリック医薬品がタダソフトです。

有効成分タダラフィルの効果の持続時間は36時間となっており、その他のED治療薬と比べても圧倒的な持続時間が特徴的です。

タダソフトの剤形は黄色で、ひし形や楕円形の錠剤タイプとなります。

タダソフト

タダソフトは錠剤タイプのED治療薬ですが、それ以外にも剤形の違うED治療薬が販売されています。

3大ED治療薬の中でも上位の持続力

タダソフトはシアリスのジェネリック医薬品で、効果の持続時間が長いED治療薬です。

効果の最大持続時間は36時間となっており、朝一のタイミングで服用していても問題ありません。

バイアグラやレビトラと比べると効果の持続時間に大きな差があることが分かります。

タダソフトはバイアグラの7倍以上、レビトラと比べると4倍以上もの差があります。

十分な効果時間を期待したい方にオススメのED治療薬です。

タダソフト(TADASOFT)の効果・効能

タダソフトはED治療薬の中でも持続時間が長いことで人気のあるシアリスのジェネリック医薬品です。

安全性が高く、24~36時間も勃起状態を持続するためED(勃起不全)に悩む多くの男性に利用されています。

この薬は服用したからと言って、常に勃起状態になるわけではなく、性的興奮や刺激を受けた際に作用する薬となっているので、安心して利用することができます。

前立腺肥大症や肺動脈性高血圧症の治療薬としても世界中で処方されています。

有効成分タダラフィルはホスホジエステラーゼ5(PDE5)阻害薬といわれる薬で、陰茎に特異的に存在するPDE5の働きを阻害し、血管拡張物質(cGMP)を増やして血液を大量に陰茎に集めることで陰茎を太くしたり、固くさせたり、強く勃起させる作用があります。

またタダソフトは、チュアブルタイプとなるので、かみ砕いたり、口の中で溶かして服用することが可能なので、水が用意できない場面でも服用できます。

服用開始から約30分程度で効果が発揮できることや食事の影響を受けにくいことから、世界中で愛用されている人気のED治療薬となります。

タダソフト(TADASOFT)の成分作用

有効成分タダラフィルはcGMP(環状グアノシン一リン酸)を分解するPDE5(ホスホジエステラーゼ5)という酵素タンパク質の働きを止めるので、cGMPの量が増加し、血管拡張作用と血流増加させることで、勃起不全を改善することが出来ます。

タダラフィルはバイアグラとは違い、食事による影響が少ないことや、服用してからの効果の持続時間が長く、服用するタイミングを気にする必要がありません。

食事による影響が少ないものの、もちろん空腹時に使用する方が効果を最大限に発揮することが出来ます。

タダソフト(TADASOFT)の服用方法・飲み方

ED治療による服用方法は1日1回10mg~20mg(半錠~1錠)を性行為の30分~1時間前に服用ください。

初めて利用される方には症状が強く感じられる可能性がありますので、ピルカッターなどで、半分にして、半錠を服用することをお勧めします。

前立腺肥大症の治療による服用の場合は1日1回5mg(1/4錠)を毎日決まった時間に服用ください。

肺動脈性高血圧症の治療の場合は1日1回20mg~40mg(1錠~2錠)を服用ください。

ただし、腎障害の方は1日1回20mg(1錠)を服用ください。

タダソフトはチュアブル錠なので、水で服用するより、口の中でかみ砕き、溶かして服用する方が効き目が早いとされています。

1回の用量 ◆20mgの場合
1錠(20mg)
または1日1回1/2錠(10mg)
服用上限 1日1回まで
服用間隔 次の服用までに24時間以上あけること
タイミング 性行為の1時間以上前

効果の現われ方によっては、錠剤の量ををカッターなどで調節してください。

タダソフト(TADASOFT)の副作用

軽度の副作用:火照り、頭痛、動機

重度の副作用:胸痛、眩暈(めまい)

タダソフトの副作用として頭痛、吐き気、眩暈(めまい)、火照り、下痢、などの症状が報告されています。

重度の内臓疾患、脳疾患、心臓疾患などを患っている方の服用は、お控えください。

副作用として眩暈などの症状が報告されていますので、高所での作業や、車などの運転等は危険を伴う可能性がありますので、服用する際はご注意ください。

誤飲によるトラブルを防ぐために、子供の手の届かない場所で保管してください。

タダソフト(TADASOFT)の注意点

・服用間隔は24時間以上空けること

・効果の持続時間は服用後から4~5時間程度

・脂質の多い食事やアルコールの影響を受けやすいので避けてください。

・勝手に勃起する薬ではなく、性的刺激を受けることで勃起するものとなります。

・空腹時の服用で効果を発揮できる医薬品です。

・服用の際にグレープフルーツを摂取すると、効果や副作用が強く出てしまう可能性があります。

タダソフト(TADASOFT)の併用禁忌・注意

<併用禁忌薬>

併用禁忌薬はタダソフトと併用することに対して注意が必要になります。

アミオダロン塩酸塩、硝酸イソソルビド、ニトログリセリン、慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治療薬、亜硝酸アルミ、リオシグアト、血管拡張剤などを服用中の方の使用はお控えください。

使用を検討されている方は、病院にて専門の医師とご相談ください。

<併用注意>

下記の内容に当てはまる方の服用は避けてください。

・タダソフトの有効成分タダラフィルに対して過敏症の既往歴がある

・重度の肝機能障害

・心血管系障害

・脳梗塞・脳出血や心筋梗塞の既往歴がある

・網膜色質変性症

・グレープフルーツの摂取

タダソフト(TADASOFT)20mgの関連医薬品

お客様のレビュー(口コミ・ご意見)

1件のコメント
  1. 溶けるタイプなのでシアリスより早く効き目が出る感じが確かにする。

    しお 2019年4月29日

この商品のレビューを投稿する

メールアドレスは公開されません。いたずら防止のため承認制を取らせて頂いております。

内容をご確認の上、「レビューを送信する」ボタンから送信下さいませ。